Facebook thumbs up header

Facebookに投稿した写真はFacebookのもの?これが知っておくべきこと

Facebookに関する統計によると、驚くべきことに毎日数億もの画像がこのプラットフォーム上でシェアされているとのことです。旅行時のセルフィーや赤ちゃんの写真から本格的なプロの写真まで幅広くシェアされている一方で、多くのフォトグラファーはFacebookへの自身の作品の投稿を一切やめる決断しています。実際にFacebookで画像をシェアする決断の前に考えるべき重要な質問があります。特に、Facebookに画像をアップロードすることはどの様な危険性があるのか?画像の無断転載からプロのフォトグラファーはどの様にして自分の身を守るのか?これらの疑問を踏まえてCOPYTRACKはFacebookに画像を投稿する前に知っておくべきことを以下にまとめました。

Viele Devices und eine Flut auf Fotos darüber

Facebook上に投稿された画像は誰のもの?

先述した通りフォトグラファーがFacebook上に画像を投稿しないということは特段珍しくはなく、その背景にある理由は実際とても興味深いものです。多くのフォトグラファーが画像の無断転載を避けたいという理由から確実にFacebookへの画像投稿を避けている一方で、画像を投稿することによりFacebookに写真の所有権が移ってしまうことを恐れるフォトグラファーもいます。もちろんFacebookに投稿したからといってその画像が直ちにFacebookの物になる訳ではありません。ただし、注意しなくてはならないのは自分の作品をアップロードしたときにFacebookに付与される著作権のことです 

► 本当に起こり得ること?

一般利用規約GTC)におけるこの条項の法的妥当性は、しかしながら完全には理解されていません。 これまで、このような条項は消費者団体による訴訟の後、ベルリン高等裁判所により無効と判断を下されていました。この判決の背後には、時にFacebookの条項が不明確で理解し辛く、透明性の要件に違反しているという理由が挙げられます 

Facebookが必要な著作権

事実、Facebookアップロードされた写真に関する条項を含める決断をしたのには理由があります。それは著作権の機能上、フォトグラファーまたは著者だけが自分の写真を複製して公開できるようにすることができるからです。もしFacebookがフォトグラファーの著作権を侵害したくなければ、単純にライセンスを得ればいいのです。 

利用規約で言及されているライセンスがなかった場合これはFacebookの著作権侵害になりかねません。さらに画像はプレビューでも配布されFacebookによりパブリックアクセスが可能なものとなっておりこれもまた著者の同意が必要です。 

フォトグラファーにとってこれは何を意味しているのか

この情報により、Facebookがアップロードされた写真を使用して私腹を肥やしてはいないということが明確になりました。事実彼らのライセンシング業務は、主にFacebookの機能を維持しフォトグラファーFacebookに写真を投稿することによ権利を完全に放棄しないということを保証するのに役立ちます。画像がプラットフォーム上に投稿された時Facebookに付与されたライセンスは非独占的なものなので、著者は画像を再利用することも、第三者にライセンスを付与することも可能なのです。シンプルに画像をFacebook上から消すだけで利用規約は無効にすることができます。 

これらの情報からFacebookが完璧に機能するためにライセンスを得る必要があることが判明したので、Facebookユーザーは現在の形の利用規約に従えるかどうか依然として検討する必要があります。最終的には、フォトグラファーはどの様に自身の写真を配布するか自身で決めることができるのです。 

Aus Smartphone steigen Likes und Loves auf

フォトグラファーがFacebook投稿時に知っておくべきことは?

SNSの使用は現在のデジタル時代においてはごく当たり前のことであり、多くのユーザーはSNSの使用により引き起こされる無断転載のリスクについて考えることはほとんど無いと言えます。SNSの性質や広く使用されているということからFacebookが公共の場所であるということもすぐに忘れられがちです。 

► ということは、Facebookに写真を投稿すること自体がリスク?

簡単にいうと答えは「Yes」です。シェアした後あなたの作品は自身の手を離れ、もはやコントロールできるものではなくなるということからも、Facebookに画像を投稿することはリスクにつながります。多くのユーザーは画像を友達のみ共有していると考えがちですが、友達の数が多くなればなるほどシェアされた時それを見るユーザーの数は膨大になりこれはもはや「プライベート」であるとは言えなくなります。 

Facebookの友達の輪の中で自身に権利がないコンテンツを広めることは根本的に合法ではありません。もし画像をシェアしようとする時はこれに気をつけなければなりません。一般的な経験則として自分の撮影していない写真投稿を控えるということが最善策であると言えます。また、自身が撮影した画像を投稿するときは、コンテンツ配布のコントロールができなくなるということに注意してください。例え投稿時に「友人のみ公開」にしていたとしても全員がそれを見られる様にすることは簡単です他人が関れば、著作権や自身の権利はあっという間に侵害されてしまうのです。 

上記の更新された利用規約が明確に述べているように、Facebookはユーザーが第三者のコンテンツをアップロードすることを想定してはいない様です 。 

ユーザーに責任を割り当てることにより、Facebookは著作権問題から自身を守りたい様に見えます。さらにFacebook第三者の著作権およびその他の知的財産権を尊重し、それがポリシーまたはガイドラインに違反している場合はすべてのコンテンツと情報を削除する権利を留保します。 

裁判におけるFacebookの無断転載対応

著作権法によると、著者の同意なしに画像をシェアした場合は著者に費用を払わなくてはならない無断転載とみなされます。 

ミュンヘン地方裁判所 (Judgment of 27.9.2017, Docket.: 142 C 2945/17) のこのケースではFacebookでの画像の無断転載を取り上げ、非常に興味深い判決を下しました。このケースでは、同僚がアップロードした2枚の写真を自分のFacebookページでシェアしていた政治家を対象にしていました。残念ながらこの政治家は同僚が写真の撮影者に投稿の許可を得ているかどうか確認していませんでした。 

本判決から分かることは、知らなかったということでは著作権侵害が免除される理由にはならないということです。こういった立場をとることにより、ドイツの裁判所を含むヨーロッパの裁判所では画像を公開可能かどうか確認する責任は、公開しようとしている人にあるということです。もし誰かが自身に権利がない作品を投稿し全く知らなかったということを主張した場合でも、これは過失行為とみなされ損害賠償を払わなければならない理由に十分なり得るのです。 

今までFacebookのようなSNSでの画像使用に関する法的条件は非常に不透明だったので、この判決は制作に携わる人々にとってはとてもいいニュースあると言えます。このケースにより不明であった分野の少なくとも1つの側面が明らかになりSNS使用者その法解釈に従う必要が出てきました 

もしFacebook上の写真が無断転載されたらどうする?

もし予想しないところで自分の投稿した画像が出てきた場合、初めにするべきことはその投稿者にコンタクトを取り削除を求めることです。その時は明確な期限を定めることが重要です。他の選択肢としては画像の削除を遂行するためプラットフォームの運営者に連絡を取り無断転載を報告することが挙げられます。 

COPYTRACKではSNSのケースも商用目的で使用されていた場合に限り手動で提出することができます。COPYTRACKでの手続きについてはこちらから詳細を確認できます。

EU著作権改革はFacebook上の画像にどの様な影響が?

GoogleYouTubeFacebookなどのインターネットプラットフォームは、無断転載が発生したことを認識した時点でコンテンツをブロックする必要があります。2021年に新しい著作権法が施行されれば、執筆者や著者、ミュージシャンが自身の収益を保つという観点から作者の同意がないコンテンツは表示されなくなるかもしれません。 

著作権指令は、より大きなプラットフォームに著作権のある作品をそこからアクセスできない様にする責任があると定めていますそのプラットフォーム上での無断転載があった場合、彼らは今後は直接責任を負います。これは、オンラインでの著作権法に関して以前に機能していたものとはまったく対照的になっています日々インターネット上で膨大なデータがシェアされているが故にアップロードフィルタリングと呼ばれるものの助けを得ることによりこれが現実となるでしょう。これは著作権で保護されている文章や画像、音声ファイルを投稿時にブロックできる様にする機能のことを言います。 

批評家たちはこの著作権指令が無料のインターネット時代の終焉を迎えるシグナルであるという懸念を抱き、またこれは一種の検閲であると強く警告しています。欧州議会はこの状況を認め「正当なコンテンツ除外される可能性があるという申し立ても一理ある」と述べ、ユーザーが不当な削除や妨害から身を守ることを許可する準備をしています。 

もう一方の懸念はミームの様なテキスト、画像、およびオーディオファイルの風刺的で創造的な使用法に関するものです。しかし指令を実施する際参加国は「引用、批評、レビュー、漫画、パロディなどを目的とした作品の一部」の自由なアップロードを保護することが求められます。 

結論 : 「安全第一」が
フォトグラファーのキーワード

自身の作品をFacebook上で公開するときは、自身の意思に反して作品が使用される可能性があることをいつも気に留めている必要があります。もし「シェア」機能を使用し画像が広められたのであれば、その画像がダウンロードされ再アップロードされることもあります。最近の訴訟の進行によりFacebookはパブリックユースの限界に達していることは明らかであり、プラットフォームの使用者は著作権法を遵守する必要があります。それでもFacebookの曖昧な利用規約に同意して写真を投稿するのか、または全ての大きなSNSプラットフォームから写真の投稿を控えるのか、決断はあなたに委ねられています。 

Written by Dr. Daniela Mohr

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

オンライン画像の
無断転載を発見

COPYTRACKでインターネット上のあなたの画像を
素早く簡単に見つけ出すことができます。
登録にかかる時間はわずか2分。

COPYTRACKについて

COPYTRACKは2015年にマーカス・シュミットにより創立された、写真家、出版社、フォトエージェンシー、eコマース向けのサービスです。 無断転載された画像の追跡と、世界中での法的措置を無料で提供しています。
  • 無料アカウント
  • 無制限な画像アップロード
  • 100% リスクフリー

あなたも
写真家ですか?

COPYTRACKは写真家、フォトエージェンシー、出版社のフェアな報酬のためのサービスです。COPYTRACKを利用してインターネット上の無断転載された画像を無料で見つけ出し、無断転載に対する第一歩を踏み出しましょう。